基礎工事

基礎工事は、丈夫な住まいを作るためは欠かすことができません。
不十分な基礎では住まいを支えることができず、傾きや沈みが発生し、大切な住まいを台無しにしてしまいます。

当社は基礎が果たす役割を十分に理解しているため、工事に一切の妥協を許しません。
地盤調査の結果に応じて必要な施工を実施し、敷地図や配置図に合わせて正確な基礎を築きます。

木造・鉄骨造どちらの建物にも対応していますので、お気軽にご相談ください。

 

基礎工事のポイント

基礎は建物の中でも最も重要な構造体ですので、細心の注意を払う必要があります。
一般的な住まいの場合、土地の状況によってベタ基礎または布基礎の2つの工法を使い分けます。

■ベタ基礎
建物を支える地盤全体に鉄筋を配筋し、コンクリートを流し込んで基礎を作ります。
鉄筋コンクリート全体で建物を支えるため、地震や台風などの衝撃にも強い耐久性を発揮します。

軟弱な地盤でも補強工事を行った上でベタ基礎を行うことで、安全な住まいを建てることができます。

■布基礎
幅12~15cm、高さ30~60cm程度の逆T字型の鉄筋コンクリートを使って建物の土台や壁を支えます。
主にログハウスや倉庫、「凍結深度」の規定がある寒冷地などで使われています。

外構工事、解体工事、地盤補強のことなら株式会社ツカサテック

【TEL】0748-43-2445/090-6209-8476
【所在地】【事務所】滋賀県蒲生郡竜王町田中683
【本社】滋賀県東近江市市原野町2153
【メール】 お問い合わせ≫
【対応エリア】東近江市を中心とした滋賀県全域(その他エリアもご相談ください)

一覧ページに戻る